Twitch

Twitchでやっている設定など

初期設定

2PC配信のための準備

参考になった記事

前提:PCゲーム限定・どちらもWindows10

  • コンピューター名・ワークグループを確認・変更する
    • コントロールパネル > システムとセキュリティ > システム > 設定の変更 > 変更
      • Desktop-i5-9600K (ゲーム用)
      • Desktop-i7-3770 (配信用)
  • プライベートネットワークに統一する
    • タスクバー > インターネットアクセス > 該当するネットワークをクリック > もう一度ネットワーク名をクリック
    • ネットワープロファイルが「プライベート」になっていることを確認する

OBSをインストールする

  • 2PCの両方に以下をインストールする
    • インストール場所は弄らないほうがよさそう?
    • OBS Studio をインストールして一度起動して終了。自動構成ウィザードは使わなくてOK。
    • OBS NDI をインストールする
    • OBS Studioを起動し ツール > NDI™ Output settings が表示されていればOK

OBSを使う

  • ゲーム用PCのOBS:ツール > NDI™ Output settings > Main Output にチェックを入れる
  • 配信用PCのOBS:ソース > 追加 > NDI™ Source
    • NDI™ SourceのプロパティでSoure nameにゲーム用PCを選択する。この環境ではDesktop-i5-9600K。
  • ファイルの保存場所の変更
    • 設定 > 出力 > 録画ファイルのパス

画質などの設定について

YouTubeにも配信する場合

OBS Studioは同時配信もできるようなので試してみた。
ただTwitch1本のほうが何かと気軽で今は使っていない。

  • OBS設定 > 出力 > 録画
    • 種別 : カスタム出力(FFmpeg)
    • FFmpegの出力の種類 : URLに種類
    • ファイルパス : YouTubeのストリームURLに変更する

参考 : OBSで2ストリーム(2箇所同時)配信をする方法 | Vook(ヴック)

細かい設定

マイクの調整(今はやってない)

  • ノイズ抑制 : 抑制レベル -5dB
  • ノイズゲート : 閉鎖閾値 -64dB , 開放閾値 -59dB

マイクの音改善

現在、NVIDIA BroadcastとOBSのフィルタを併用している。
NVIDIA Broadcastはノイズ軽減効果が大きいが、GPUを使用する仕様のため嫌な人は嫌かも。

コメント

コメントを配信画面に表示させる

  • https://streamlabs.com/dashboard にログインする
  • All Widgets > Chat Box で設定を行い、Widget URL を取得する
  • OBS でソース追加 > ブラウザ > URLに Widget URL をペーストする

コメントを読み上げる

手軽にやりたい場合は 棒読みちゃんなどのインストール無しで簡単にTwitchチャットの読み上げを行う

細かい設定がしたいなら Tubeyomi + 棒読みちゃん(今これ)

【Twitch】棒読みちゃんでコメントを読み上げるための設定方法 - 新・VIPで初心者がゲーム実況するには

コメントに翻訳BOTを導入する

  • BOT用Twitchアカウントを作り、https://twitchapps.com/tmi/に飛んで認証コードを入手する
  • twitchTransFreeNext をダウンロードしてOBS用PCで展開
    • config.txtを編集し、Twitch_Channel・Trans_Username・Trans_OAUTHは必須で変更する。
      それ以外では
      Show_ByName             = False
      でいいと思う
  • あとは twitchTransFN.exe が起動している間は翻訳してくれる
  • スタートアップに登録したい場合は エクスプローラーで shell:startup

フォロー等をコメントで通知する

  • https://panel.wizebot.tv/
  • メイン垢で連携 Connection を押す
  • 初めてコメントをくれた人にコメントを返したりも可能(Welcome messag )

Discord

Discordのステータスに配信情報を表示する

  • Discord > ユーザー設定 > 接続
    • Twitchのアイコンを選択し、ログインして連携を行う
    • Notifications of followers をアクティブにする
  • 実際にTwitchで配信するときはDiscord側で「配信モード」が有効になっている必要がある

Discordの音量を調整しやすくする

通常のDiscordの音量調整よりも自由度が高い。
使っていない音声出力(オンボードサウンドなど)があれば準備は不要、なければBSHSAU01BKのようなUSBデバイスを接続する。実際にここから音は聞かないのでなんでも良い。

  • OBS ソース「音声出力キャプチャ」を追加。「不要なサウンドデバイス」を選択
    • 追加したソースのミキサー設定 > オーディオの詳細プロパティ > 「音声出力キャプチャ」の音声モニタリングを「モニターのみ(出力はミュート)」に変更
    • これだけでも音量が大きくなる(気がする)が、このソースにゲインのフィルタをつけて音量調整する
  • Discordの設定で音声出力デバイスを「不要なサウンドデバイス」に設定する

なんでこれで Discord から音が聞こえるのか正直よくわからないが...
OBSでdiscordの音声とゲーム音を別々に調整する方法 | SLOPPY GAMESに感謝

VC参加者のアイコンを表示する

  • Discord StreamKit Overlay を開き > Install for OBS をクリック
  • VOICE WIDGET タブを選択 > Server と Voice Channel を選択
  • 発行された browser source をコピーして OBSのソース追加 > ブラウザ でURLをペースト

参考 : OBSにDiscordをオーバーレイ表示する方法 | Raison Detre

その他

配信開始を自動でツイートする

配信開始から30分~1時間以上経ってからつぶやかれることもあるので、結構遅い気もするしこれぐらいでいい気もする。
手動のほうが確実ではある。

Kill/Deathなどをカウントしやすくする

txtファイルを直接編集でもいいがApexなど頻繁にやる場合はツールを使ったほうが楽
Deathcounter and Soundboard(DC+SB) を使い Streamlabs OBS で配信画面にカウンターを設置し、表示する方法 : やせないと死ぬ・・・・・・がとても分かりやすい

  • DCSB をダウンロード
  • 項目の数だけtxtファイルを用意する
  • OBSでtxtファイルを読み込ませる

FPSやCPU使用率の表示

Geforce Experience などだとOBSが取り込んでくれないので、MSI Afterburner + Riva Tuner Statistics Server が簡単。

  • MSI AFTERBURNERから MSI Afterburner + Riva Tuner Statistics Server をインストール。
  • MSI Afterburner > 設定(歯車アイコン) > モニタリング > 該当項目を選択し、「オンスクリーンディスプレイでの表示」にチェックを入れる。(Riva Tunerをインストールし忘れると、この項目が表示されない)
  • 表示位置や文字サイズは Riva Tuner Statistics Server で設定可能。

参考 : 【MSI Afterburner】PCゲームでfps(フレームレート)表示 - PCGAME的関係

まだ試してないこと


最終更新: 2021-01-17 (日) 16:14:23