iPhone設定(未就学児向け)

iOS13に対応(2020年1月追記)

子供向けの利用制限

全体の設定

iPhoneそのものを子供用にする場合

  • 不要アプリをすべて削除する(カレンダーや連絡帳なども削除できる)
  • AppleIDを設定する
  • (下記のアプリの追加が終わってから)各操作の制限を行う
    • 設定 > スクリーンタイム > コンテンツとプライバシーの制限
      • iTunesおよびApp Storeでの購入 : 課金や新規のインストールを制限できる。パスワードを要求は「常に必要」にしておく。
      • 許可されたApp : Safariの起動を制限できる(アプリ内広告からSafari起動とかはよくあるので制限しておいたほうがいい)
      • コンテンツ制限 : GAME CENTERの利用制限と、Safariで見れるコンテンツの制限など(起動は許可する場合)
  • LINEモバイル(LINEフリー データのみ1G)なのでLINEはインストールする(電話番号がなくてもFacebookアカウントで利用開始は可能)
    • 起動パスワードをかける LINE > 設定 > プライバシー設定 > パスコードロック
    • ついでに プライバシー設定 > メッセージ受信拒否 もオンにしておく(友だちからのメッセージは送受信できる)
  • 他アプリ
    • ポケモンGO

アクセスガイド

大人用のiPhoneを子供に触らせる時にやっておくと他のアプリを使われる危険がなくなる

  • アプリケーションの利用に制限をかける(アクセスガイド)
    • 初期設定
      • 設定 > アクセシビリティ > アクセスガイド > オン
      • 設定 > アクセシビリティ > アクセスガイド > パスコード設定 でパスワードを設定する
    • 制限を開始する
      • 任意のアプリを起動 > ホームボタンを3回押す > 開始
    • 制限をやめる
      • ホームボタンを3回押す > 終了

アプリ

  • NHKキッズ
  • 日本パズル
  • 仕事発見
  • パズチャレ
  • タッチずかん
  • ワオっち!
アプリ名点数広告評価
いろぴこ★5なし1歳向け。色を覚えられる。スワイプしやすい。
YouTube Kids★5なし子供の年齢層を簡単に設定できるYoutubeアプリ。
標準で連続再生なのもうれしい。
日本地図パズル★4画面下・全画面
消すことができない
遊びながら日本地図が覚えられる。
広告が自力で閉じれる必要あり。2~3歳以上向け

Youtubeの利用制限

YoutubeKidsのリリースで、この設定をするよりアプリを使ったほうが楽になった(2017年6月)
チラシの裏/YouTubeキッズ設定(未就学児向け)

不適切な動画を表示しない設定ができる
解除が簡単にできてしまうのが欠点

  • 「︙」>設定>全般>制限付きモードをオンにする

最終更新: 2020-01-21 (火) 16:21:04