PaperCut MF(Mac版)のアンインストール

PaperCut(別名PCClient)はレンタルオフィスで使われている共有プリンターを利用するためのクライアント。
もう使わないのでアンインストールしたいが、アプリを消しても消えたことにならず、非対象なネットワークにいるとPCを起動するたびにエラーを出すので非常に困った。
アクティビティモニタでプロセスを見るとUserClientという名前が残っているのも気になる。

papercut1.png

メニューバーに表示される場合

papercut2.png

スタートアップから削除

システム環境設定 > ユーザとグループ > ログイン項目から PCClient
を削除すれば、PC起動後に毎回エラーを出される状態は解決。
これで、プロセスにPCClientが常に残っている状況ではなくなる。

papercut3.png

更に綺麗に消すには

アンインストールについてのドキュメントがあったのでターミナルで下記を入力しました。
上手く行ったのかはよく分からず…

How to Uninstall the PaperCut User Client | PaperCut

launchctl unload /Library/LaunchAgents/com.papercut.client.plist
sudo rm /Library/LaunchAgents/com.papercut.client.plist
sudo defaults delete com.apple.loginwindow LoginHook

添付ファイル: filepapercut3.png [詳細] filepapercut2.png [詳細] filepapercut1.png [詳細]

最終更新: 2020-02-10 (月) 12:36:57