Webアクセシビリティ

どこかで取ったメモ

  • 文字色と背景画像のコントラストに注意して、読みやすさを損なわないようにする
    • 弱視のユーザーは、画面を白黒反転させて表示していることがある。(JIS X8341-3 5.5c推奨)
      文字を画像にしていて更に文字の周りを透過させている場合、読みにくくなってしまうことがある。
  • 取り消し線や太字だけで意味を伝えるのではなく、テキストと併記する。(JIS X8341-3 5.5b必須)
    • 音声ブラウザで装飾の意味を読み上げることができないため。
  • 「2006/11/01 15:00 - 16:00」は意図した通りに読み上げない。「2006年11月1日15時〜16時」とする。(JIS X8341-3 5.5b必須、5.9c推奨)
    • 「◯」「×」なども読み上げないことがある。
  • フォームの送信前の確認は、入力ミスを防ぎユーザーの安心感も高める。(JIS X8341-3 5.3i必須)
    • 入力エラーを出す場合は、どこのエラーなのかを分かりやすくする。
      例えば、「入力内容に誤りがあります」だけ、画面上部に表示される場合など。
  • 高齢者など、入力完了に時間がかかるケースは多く存在します。時間制限があることによってあわててしまい、(JIS X8341-3 5.3
    c推奨、5.3d推奨)
    入力を間違う可能性が高くなります。フォームには時間制限を設けない。やむをえない場合は、その旨を告知する。

最終更新: 2019-01-06 (日) 15:17:23