ブックマーク同期

Xmarks廃止に伴いXmarksの代わりを探す(2018年)

Xmarksは2010年にもサービス終了と言われていたが、LastPass社による買収で終了は延期された。
しかし、2018年5月1日に今度こそサービス終了になる模様。

iCloudがMac対応をきちんとしてくれさえすれば楽なのに。
比較表を見るとわかるように、Xmarksの代替としては一番Eversyncが近い。

XmarksiCloudEversyncFirefoxGhrome
iOS Safari
iOS Chrome
iOS Firefox
Windows IE
Windows Firefox
Windows Chrome
Mac Safari
Mac Firefox
Mac Chrome
WindowsMaciOS
EversyncChrome,Firefox,IE専用アプリ・無料だと15000件が上限。¥n・「他のブックマーク」は同期されない

ブックマーク同期サービス・Xmarks代替まとめを参考

Xmarks x iCloudはやっぱり上手く行かないので(2017年)

XmarksとiCloudは別々に利用

iCloudXmarks備考
iOS利用
Windows Firefox利用
Windows Chrome利用利用*Xmarksは自動で同期しないようにする
Mac Safari利用
Mac Firefox利用
Mac Chrome利用

Windows Chromeは、Xmarksの設定で「Enable Automatic Synchronization」のチェックを外しておく。
同期したい場合は、手動で「Manual Upload」または「Manual Download」を行う。
「Synchronize Now」は基本使わない方がいい。

WindowsとMacとiOSでブックマークを同期したい(2016年)

iOSで同期させるにはiCloudが必須。
しかしMac版FirefoxとChromeはiCloudのブックマーク同期に対応していない。

Windows/iOSで同期したい→iCloud使えば終わり
Windows/iOS/Macで同期したい→iCloudとXmarksを組み合わせる。MacSafariが重要。

iCloudXmarksFirefoxSync備考
iOS対応
Windows IE対応
Windows Firefox対応対応対応
Windows Chrome対応対応
Mac Safari対応対応iCloudとMacFirefox/Chromeの橋渡し役
Mac Firefox対応対応
Mac Chrome対応

iOS系でリーディングリストに項目があると変なフォルダができてしまうので利用しないほうがいい

うまく同期できない時にやったこと(2016年)

あらかじめMac版Firefoxのブックマークを最新にし、HTMLでエクスポートなどをしてバックアップしておく。

  • まず、Windows用iCloudからサインアウトし、アンインストール。ブラウザのアドオンも削除する。
  • 再インストール。ブラウザのアドオンなども再導入する。
  • iOSもSafariの同期を一旦オフにして再度オンにする。
  • Mac側のiCloudのSafariも一旦オフにして再度オンにする。
  • これで少なくともiCloud系同期自体は行われるようになる。
  • いずれかの端末でブックマークを全削除。全端末からブックマークが消えることを確認する。一部綺麗に消えなかったりするので待ちながら全て削除する。
  • Mac側のFirefox、ChromeはXmarksで同期するのでこの2つで同期が正常なことを確認する。
  • 準備が終わったらMac版SafariのXmarksでXmarksからブックマークをダウンロードする。
  • しばらく放置するとiCloud系で全ブックマークが同期される。ブックマーク数が多いほど時間がかかるので500~1000件ある場合は30分は待つようにする。

最終更新: 2018-04-03 (火) 07:37:13